« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月27日 (金)

アルモン、どらえモン~♪

雨のお陰で釣り行けなかったモンだから、首・肩・肘にキテる…sad


キテると言えば…

おウチに帰るとメル便が。

オオォ~~sign01

shineブーツS86shineが到着してた。

じゃ、今夜はコレでニヒヒだ(笑)


夕方。

SPから思わせ振りな着メルが来た。

『後でmailします』

…それだけ?

イヤ、大体内容はワカルけれどもサ (--;;)


で、そのmail来てから出ようと思ったんサ?

つか、さ。

大体2~3時間くらい迄だろ『後で』って。

結局20:00過ぎてもナシのツブテなんで、独りparkingへとタリラリラ


そんな1ヶ所目。

ヤケに水位が高いし、動きが無さげsweat02

丁度ソコへ某竿のテストをしてるらしいTKからmail

どうやら苦戦してるらしい…

珍しい事もあるモンだcoldsweats01

で、ついでに潮時を聞いてみたら丁~~度今、満潮。

イイ時にparkingに着いたナ、コリャ(笑)


ソソクサと電を切り、キャスを開始。

もちろんルワはshineアルモンshinesign01(←最近ハヤり)

しかしsweat02

ピッカリ夜コ虫がルワの軌道はオロカ糸の暴れ具合をマル見せshock

これじゃどなた様も出て来てくんない。


『こんな時はアルバのちっちゃいのだよね』と、

妄想で現れたTKも囁く。


ダケドも、ダッケッheart

そんなの持って来てねェ~note(字余り)


そんなんで。

手持ちの中からなるべく慌てふためかないコを…と。

チョイシングったのはヨカS90。

思った通りに引いても大してヤコブがワラワラしないんで調子に乗るポク。

ホントは奥へ行く毎にヤコブが薄っスーくなってるダケなんだが…(--;;


軽くオーバーハンバーグしてるスポットは、割と魚が着いてる事が多い。

それはココも例外ではなく、ピンで奥まで放り込むと、2チョイチョイで何の脈絡もなく壁かナニかにしっ掛かる。

そんな感じで1煽りしてやると、何故か壁が動いたsign01


…!…!!∑(∥ ̄口 ̄;;;)!!

って魚じゃんsign03

で、shineイ・ルージョン、ファイトshine開始scissors(←分かってっと思うけどイリュージョンだからナ?)

知ってか知らずかド派手なエラ洗いを何度も繰り返し、ネズミーランドにも負けない位の光の飛沫を撒き散らすスーズキ。


そう。

久し振りのスーズキサイズhappy02

ロクゴーはカタい。

あとは上げてからのお楽しみだpunch


いなしていなしていなし倒して、やっと疲れて来たスーズキとポク。

抜き上げスポットをアレするんで目線をアレしたホンの一瞬。

突然、スーズキのヤローが狂った様に真下に突っ込み出す。

こんなスルドいツッコミは、ポクの中ではネギれんじゃい以来(←ツッコミ違い)


ンな事ァ~ナイ。(お昼の森田)


そんなのは兎も角sweat02

所詮はブラック竿、急激なツッコミには耐えられない。

んが、

一応ドラグっつーモンがあるのだよ、両軸小型リールにも。

フフフ~ンnote



が、今日に限ってドラグが出ないsweat01

ヽ(゜Д゜ )=(  ゜Д゜)ゝ

瞬時にクラッチを切ってサミング…

も、出来ない…sweat01sweat01

(-Д-;;;


ドゥ~やら糸が喰っちゃったらしく、全然出て行かないsweat02

足場が良くないのに、必死で竿だけを上下していなしてるつもりのポクsweat02sweat02


当然。。

いつまでも耐えられる事など出来ないワケで…

impact『パンッ』ッッッッッッッッッ (←余韻)


う。。撃たれたァ~~…〓■● バタッ

なワケな(●皿●;)←ガチャペン

えぇ、イイ感じで歯型が付いてる筈のヨカS90が強奪されました(TT-TT)

ソコかよッ!!


あ、イヤイヤsweat01

あとはスーズキさんが30分後かナンかにもう1度ルワにアタックしてくれるウマイ事針を外してくれるのを祈るばかりです…←USOっぽいナcoldsweats01


で。

散々荒らしたし、やっとSPから電キタんで今の内に…と、小イドゥ~。

藪ッ漕ぎparkingへ。

相変わらずエントリーに体力が必要なparkingなので、アチコチの霜降りをガクトのビブラードかポクの皮下ラードか位プルプル震わせながら、ギリギリのところでINに成功した。


『ココも来る度に夜こチュが濃くなってくなァ~』

とか当然の様に独り言を呟き、ホルモンをブッ込んで行く。

トイッチを入れる度に爆発っぽく水中が光っトルッsweat02

そして3~4本の光のスジがどらえモンに纏わり付く。

決してアタックはしないんだけどモン。←強引?(--;;;

小突かれるのは最初の1通しのみで、後は完璧にストーキングを決め込みポクのご機嫌を上目使いで伺うシーバス達。

チ・チ・チ・チ・キッショーーー凸(▽∧▽メ)sweat01

オマエのは何色だーsign03sign03(←アイリのお兄ぃちゃん)


散々チェイシングさせたんで、反応がアレになったんで、先を進む。

つか、誰にも教えたくないparkingナンでSPが来る前に叩き切っちまおうって魂胆。(笑)

デモね。

『チェイスは続くよドコまでも。』

って感じcoldsweats02

チェイスダケジャナイモンで釣りたい→チェイスのみ→ルワ替えたら多分釣れる→ルワハカエタクナインダモンで釣りたい…の繰り返し(--;;;


突然。

∑(゜0゜ )!! oh~~

Photo ピックアップでこんなのが付いて来ました…

THE、ビミョ~


そして撮影しようとしたら、いつの間にかcatがセイゴにロックオンsign01

身を挺してサクっと写してソッコーでポチャン。

何とか1本出たトコで、思い出した…

ブーツS86のシェイクダウン(笑)


キャスト後。

ちょっと目を離した隙に走る糸、鳴き始め光始めたフロロ8lb。

んで。

Photo_2 また素揚げバージョンbearing

…楽しくナイ。


で。

逆方面も気になってるんで戻りしなにヤットツッタンダモンに戻して流す。

ンが、しかし。

スッカリ散らかした様で、お留守の模様。


ココでSPから『到着しまして?』と呑気な電。

取り敢えずエントリーの方法を教えて復路を急ぐsweat01

サクサクイドゥ~の筈が…


ならばと撃ってないエントリー付近に投げ入れた、その刹那。

青い閃光が、ムニャムニャ動いてるムニャモンを引ったくって、ストラクチャィにニャムニャムsweat02sweat02←ワカる?

『8ポ~~んドゥッ!!』

訳のワカラナイ叫びを上げ、ブラックさながらにブッコ抜く。

よしゃイイのに、またも土の上で。

&あばれはっちゃくはっちゃけた!

モンだから…

Photo_3 このコとモタモタ戯れてたらいつの間にかLEDの攻撃sweat02

SPが到着したsweat01


ま、丁度イイっちゃ良かったんで久々にブツ持ちを撮って貰うと…

Photo_4 く、暗い…

んで、もう1枚。

Photo_5 大して変わらん…shock


で、無事合流を果たしたんで、後はガイドに徹する健気なポク。


しかし、SP。

あ!

とか

ウッ!!

とか言っちゃッテ、結局キャッチに至らず。


ココも段々シビアになってキタ事を確認して撤収した。


ヨカS90返せェsign01(←必死)




タコゥ~

竿 いつもの

リール いつもよ?

糸 次から10lbにしますsweat02が、今は8lb→4号→8号

ルワ

ヨカミノーS90(昇天)・ブーツS86・アルモンS85 (原工房)

他。





| | コメント (6)

2008年6月21日 (土)

コダワリとは、時に残酷な結果をもたらしたりスル。

木曜日。

都内の大型量販店を回り、ルワのアソコに貼るアレを求め彷徨う。

余りにも置いてないんで、現物を置いてた店で聞いてみると…

『そーいや最近見ないねェ…廃盤かなァ~』>(´Д`;A)

  ○∥ ̄|_ ガクッ


軽ゥ~く凹んでるトコに、オッちゃんから電。

大体この時間から掛かって来る電はロクな内容じゃナイんだが…


オッ『赤潮のお陰で全然釣れないんだけど?』

ポク『水の良さげなトコでヤレ。』

オッ『サトーくんのトコはドゥ~なの?』

ポク『チッサいのしか釣れんから行ってナイ。』(←大ウソ)

オッ『…じゃ、ドコに行ったらイイんだ?』

ポク『水のイイトコだっつーのannoy

オッ『だからドコだよannoy

∑(▼皿▼メ)凸  ナニヲ~annoy

ポク『知るかッ、自分で探せやannoyannoy

オッ『じゃサトーくんならドコ行く?』(←天然)

ポク『ゥ~ん…上流かな?』(←更に天然)


これから入るparkingは狭い(=荒らされたくない)んで、何とか誤魔化し気にはなってた某河川最上流部を勧めた。

『コレだけ条件悪きゃ、出ればデカいよ?』

と一言添えて(笑)


見事、振り切ることに成功したポク。

沈み逝く太陽を尻目に、最初に入るトコを少し迷いながらもサクサクとparking到着。

お目当てのスポットではナイものの、現状が確認出来る。


『水、茶色ッsign03

第一声である (--;;


そして橋脚際には先行者3人とポクの行く手にロコアングラー1人。

スゲェなsweat02

なんだココ、大人気じゃん。

フーン

で、早速ブーチングで流す。


つか、さ。

この茶色具合…

アマゾンとかで釣りしてる訳じゃないんだからsweat02

…つっても、そもそも成分が違うんだけどネcoldsweats01


って事で3投で諦めた。

先行者がどんな楽しみ方をしてるのかは分らないケド、多分ボトムをコチョコチョが楽しいと思うぉ。(←そんな釣りした事ナイクセに偉そうsweat02


で、続く2ヶ所目。

と3ヶ所目は隣接してるが行き来出来ない。

ゴミの隙間を縫う様にTWRをムニャムニャする…が出ないcoldsweats02


大概セイゴさんが戯れてくれるんだが。

速攻で3ヶ所目の鉄板ストリートへ柊(改)をブッ込んで行く。

少々焦ってんで、着水音が派手だ(苦笑)

でも、出ないんですが(--;;;;; ダラダラダラダラダラ


本格的に焦り始めたポク。

既に帳が落ちた闇の中を、4ヶ所目を目指す。

安全運転で。(←ココ大事)


選んだ4ヶ所目はこの新規parkingシリーズの中でも最難関sweat02

故に最後まで残っちゃったスポット(笑)

大胆な藪漕ぎの末に辿り着いたパラダイスheart(←だとイイなァ的希望的観測)

ココもゴミがプカプカなんで、アルミカラーのクセに所々パールのブチが入り出したTWRをキャストゥ。

2トイッチ目で1ギラン。

ノせられなかった事でダウゥ~ンとしながらピョコピョコしてたら足元で

『カッキーン』

ポクちゃんカッチョイイ~~note

(↑ホントはチョットかっちょワリィーdowndown

抜いたり戻ったりラジバンダリを繰り返す事数回。

やっとキャッチ成功crying

Photo 50cm。

このあと暴れられて、危うくタコーが水没するハメにsweat02(2回目)

で、ココはイケる。と。

どーしてもアルモンで釣りたいポク。

直ぐに付け替えて同じ様にピコピコして行くと。

『ゴッgood』とキタ。

しかし。

足元迄寄せる事無くフックアウトgawk

『針先が甘いのか?』…イヤ、そんな事ない。

頭に??が浮かんだまま次は、ウフフフとか思い直し、再びキャスト。

でも。

またバレたsign01∑(゜0゜;;)

どーした事か訳が分らないまま…えーと、2.3.4…8バラシ位?

ええ、『虎のパンツはタリラリラ~note(--; チガッタ

『取らぬ狸の皮算用』とは良く言ったモノでsweat02


このあと反応が無くなってイドゥ~しなきゃだったのだども。

何故かデカdogXをチョイス。

で。

あれよあれよと言う間に

Photo_2 と、

Photo_3 2投で2ヒッシュ。

どーなっとんねんsign03と。

自分に突っ込んでみたり、虚しくなってみたり…アセバンダリ(パクリ)


今度こそナニもアタらなくなったんでイドゥ~note

次、4ヶ所目違った、5ヶ所目だsweat02

ココでもアルモンで2バラシ…

ゥオオオオォォォォ~~~ン(←ライオンキング調で)

フォローでもアタらないんで、トットトとイドゥ。


最後。

1番期待薄parking

つか、いつの間にか大潮だったのねcoldsweats01

知らなかったモノで、つい(笑)

だってフルム~ンなんだモノsweat01

で、時間は23:00過ぎ。

・・・ダメじゃん。

時合い終わってんジャンsweat01sweat01sweat01


ダメ元でキャスト。

Bスラをムニャムニャする事3回目。

『ゴチん』

キタ。奇跡っぽい(笑)

で。

Photo_5 コレ。

久々にヒットしたと思ったら…

コレ見て限界を感じて、久々に泣きながら撤収した。



タコー

竿 いつもの

リルー いつもの

糸 そーだよ、いつものだよannoy

実弾

アルモンS85・ブーツS86 (原工房)

dogX・柊(改) (Mバス)

TWR (ラパラ)

Bスラ (Tムコ)

他アレとか。





| | コメント (5)

2008年6月17日 (火)

藪漕ぎや強者共が夢の跡

前日。

ハニィ☆スポッツ d(≧¬≦)b

で気を良くしたポク。


土曜日はSPを誘い出して、更なる『爆☆劇』に腹を震わせてスポットにINした。


がしかし。

そうそうオイシイ思いは出来ないモンで。

最初にエントリーしたparkingで、渋くなってる事に気付き、Bスラで。

Photo_4

Photo_5 ルワの色が違うのはアレだ。

察して下さいweep


直ぐに反応が無くなりイドゥする事3ヶ所目。

再び最初parkingに戻って来てたsweat02


際で反応が無いんで、アホっぽくなってると、穏やかだった水面に引き波が右往左往し出す。

またも、バチによる不埒な性殖器祭りでアレしだすと、今までドコに居たのかにわかに沸き立つ水面sweat01


パコ95で1モワン・dogSWで1モワンをゲトしてる間に、今まで5抜きバレ中だったSPに待望のヒットsign03

しかし。

               。 。
         \\
ギャボ━━━━( Д ; )━━━━━━ン!!

グ・グイウ~~sweat01


FWのdogで掛けただのノっただの隣に出ただの、スッカリお株を奪われたポク。

しかもそのdog、どっかで見た柄だと思ってたら先シーズンにSPにあげたヤツだ(--;;

SPは遂にdogFWで50cmのゲトに成功した。

ポクは…



結局、dogSWで1バイトも無いまま、次第に水面は穏やかに。

時刻は2:30。

時間を気にしたら急激に眠気が襲ってきたんで撤収した(TT-TT)sweat01




明けて日曜日。

墓参りに行くのに、しっかりタッコーを積み込んだのはナイショだcoldsweats01


parkingに着く頃にはイイ感じでドップリ日が暮れる。

今日のテーマは…

『新規開拓』

最近妙にハマった(笑)


って事で、大回りして何とかネジ込める場所を探す。

あった( ̄ー ̄)v

では早速ww


何故か入れるスポットからは生活排水のインレット。

際を攻めるべく柊(改)をチョイチョイしてたのだが、シッ掛かるのはミーゴ~のみ。

仕方なしにBスラ導入。

の1投目。

向かい風を考慮しないでキャストした為、ルワが失速。

ソレにはお構いなしに鳴るドラムロール回るスプール…

アレだ、世に言うバックファイヤーimpact(←間違い)


幸いにも大した事なく直す事が出来てラッキーshine


しかし。

卸たてのBスラはfishを掛ける前にボトムの餌食にィ~shock

ハイ。

ノット組み直しnote(でも号泣)


気を取り直して、CDSR-5(改)を明暗部に通すと。

ヤコブを切り裂いて『ガッチーーン』とバイトsign01

Photo_6 ハイ、姿揚げ一丁(笑)

この後が続かない。


イドゥ~を繰り返すも、ショバが変わる度にバイト数とヤル気指数がダダ下がりsweat02

ついには本日のヒットルワも何故か空中でロスト…


あと2ヶ所程入りたいparkingがあったんだけど今日はココまでとして、次の楽しみとした。



タコー

竿 いつもの

リール (〃)

糸 (〃)

実弾

ヨカミノー90・ブーツS86 (原工房)

CDSR-5(改)・SSR-5(改)・X-RAP8 (森と妖精の国のアレ)

X-80SW・柊SW (Mバス)

あと忘れたsweat01




| | コメント (5)

2008年6月14日 (土)

ハニィ☆スポッツ d(≧¬≦)b

迷っていた。

ココんトコ行くparking行くピ~で、セイゴラッシュでウンザリ気味に沸くポクsweat02


そんな木曜日。

色々なトコに粉掛けたものの。

全て、スベ~テ玉砕の憂き目に…(TT-TT)

仕方ないんで、単独釣行を決め込む事に。


航路寄りのピ~にするかソコだけやけに水色がイイピ~にするか迷った挙句、後者ピ~ピーした ( ̄ー ̄)ニヤリッ

SPによる事前情報によると、ほぼトップだったりその下だったりとお魚さんのヤル気が伺える。


最初にチョイスしたルワは柊(改)。

コレ、前回ダメルワのレッテルを貼ったんだが、仕上げが粗かったので、調整し直して再チャレンジ。

デモデモデモnote

竿を戻したお陰で全くキマらない嗚呼、全くキマらない(←小島風字余り)

マダ~ムに慣れすぎたらしい。

…しかも出ねェしsweat02


&ヤコチュがギラギラしてやがるモンだから、ルワのギランだか魚のギランだか野心がギラギラしてんのか全然ワカラン。

判別出来ない…最後のはアレだけどsweat01


結局1ギランらしきモノがあったっきりで、この狭いスポットを撃ち切った。

イドゥ~だナ、コリャsad

で。

迷いに迷って行ったり引き返したりラジバンダリ、Uターンとか3回位ムニャムニャして辿り着いたparking


言っとくが新規のスポットだ。

誰かは入ってるんだろーが、今夜ポクが新ハケェ~んしたんだモン。


足場を確認して、足音を立てない様に影を落とさない様にドリフのコントみたいな感じでエントリー。


FWの柊(改)での1投目。

やっと馴染んで来たらしく多少垂直に触るものの、際10cm以内に落とせる様になって来た(笑)

理想は5cm以内だが(爆)


2ナクチョン目だった。

水面がはんなり揺れたと思ったら穂先が入って糸が鳴る。

フィットだwink

しかし、アワセた途端にスッ飛んで来た。

コレ。

Photo_3 セイゴちゃんだが、嬉しい1本。


ルワの滑りを取るのとキャストの精度をアレするんで、同じピンをよりタイトに狙う。

と。

Photo_4 また出た。

半ば半笑いでもう1丁。

Photo_5 ウッホホォ~~イnote(←海苔巻さん家の機械人形風)

『コレはイケるッ』

満を持してのヨカミノー95。

90も持ってるのに、敢えて95エキストラS(多分sweat02


逆を向いて『ふぁさ~っ』と着水。

で、アクションさせる前に糸が走りヒットcoldsweats01

イヤイヤイヤイヤsweat01

1回くらいはラジバンダリさせてくれよ。

不本意なファイトは足元でバレて、やり直しの再キャスト。

ラジバンダリ』の『』くらいで水面が揺れ糸が鳴る。

再びヒット。

Photo 55くらい。

サイズとポクの満足度が上がった。(笑)

このあともヨカ95で2~3本ヒットするが、ルワをコントロール出来てないお陰で掛かりが甘い。

そのうちアタリも無くなったんで、ルワを替えようと、久々のハチマルをチョイス。

程なくヒットに持ち込むものの、結局抜きバレし、スポットは沈黙した。

今夜この時点まで、ポクの中でジャークベイトと言えばハチマル・X-RAPが餌だったのだがcatface

って事はハチマロで反応が無くなると、『このスポットでポクに釣れるスーズキは居ねィ』ってゆー方程式が成り立っていたのだがsweat02

ラジバンダリsign01

ブーツのSの代わりにアルバのSを入れてたんで、泳ぎチェックのつもりでピュッとキャスト。

ムニャムニャムゥ―――!!(←ヒットした模様)

今回は慎重によっこらしょ抜き。

Photo_3 丸呑みでしたcoldsweats01

こんな教科書通りの丸呑みは久し振りだったんで。

Photo_4 Photo_5 3枚も撮っちゃった(笑)

このあと、中々外れなくて難儀したのはゆー迄もナイ。

ココでナニかが頭をよぎる。

が、これからやっていくんでゴニョゴニョだbleah

再びマロっパチを付けて…ナイ。

だってアルバで釣りたいんだもの( ̄ー ̄)v


ここからが凄かった。

1本抜いて同じトコに入れてるのに着ポクとか。

1スポットで平均3本は抜いた。

途中までは、1本1本をcameraで撮る気満々だったんだけど、足場が狭かったりメンドくなったりラジバンダリしたんで、一応抜く動作をしてバレなかったのだけ撮影する事に(笑)

Photo_8 こんなんとか。

Photo_9 こんなんだったり。

Photo_10 ラジバンダリgood

Photo_12 サルバドール・ダリ(←?)


僅か直線距離にして30m弱。

しかも往路で出たトコでも引いてくる方向を替えるとドカンimpact

Photo_13 しかも連発 d(≧¬≦)bd(≧¬≦)b

Photo_14 一応、20くらい迄は数えてたんだが、いかんせんメンドくなってきた(--;;

もう、ヒットさせたらオッケリング状態。

『じゃ、針外せばイイじゃんバカ』的なツッコミもアレだが、そんなとこまで思い付かないし、思い付いたトコでマンドいんでそーゆー事でsweat02

腕もプルプルしてきたんで取り敢えず一服。


丁度日付が変わる頃。

さてこれからってトキに、地味ィ~に流れが出てきた。

イヤな予感…

流れが出た事で、ドゥ~やら魔法が解けた様だ。


なんとか2本を追加したが、これ以上は色んな意味でラジバンダリも限界。

久々に過食気味でparkingを後にした。



ラジバンダリ

竿

前の飛燕 (メガバス)

リール

モラムSX1600MAG (ABU)

いつもの8lb+いつもの4号&8号 (いつもの)

実弾

アルバS85・ヨカミノー95 (原工房)

柊(改)・X-80SW (メガバス)

TWR・SSR-5(改) (ラパラ)



| | コメント (4)

2008年6月13日 (金)

そんなァ~ん (¬¬;;)

火曜日。

キャッテンTKtmの誘いを蹴って旧江戸のオッちゃんの元へ。

頼まれてたルワを渡すついでに、デカいの出てるよ?(←常に怪しい)情報に乗っかっちゃう予定だ(笑)


で、久し振りに市川の先まで。

最初parkingは…

良く分りませんsweat02

分ってるのは港の出入り口付近っぽいってトコと、横風がビョービョ~だって事。


先行者の餌師の隣で、オッちゃんがフルスウィングで350mも先の対岸を狙う(笑)

2人共ソコが今日はダメparkingだという事に気付いたんで、即イドゥ~bearing


次に選んだ港は垂直護岸。

餌師がチラホラ居るんで、邪魔にならない様に際をアルバで通す…

∑( ̄口 ̄∥)!!

ゴールドベースのアルバが、青白く光ってる…

Bスラ、兄ヤル気と付け替え、船の脇とか通すが無反応sad

諦めてオッちゃんのトコへ行くと…

バイブ付いてるしsweat02


そそくさとイドゥ。

今度は漁港だかマリーナだかの対岸。

オレンジの常夜灯が魅力的なナイスなスポット。

クルクルバチが我が物顔で浮遊中だ。

しかし。

護岸際・橋脚際・橋脚明暗部とフニャフニャしてみたものの、捕食者不在sweat01

じゃあってんで、思い切って対岸へ渡る。

港側も水色・流れ護岸の地形変化に乏しく、3投して止めたsweat01sweat01


暫くして橋脚を撃ってたオッちゃんが。

『ダ~ミだァーーー』

そりゃそーだ(汗)

つか、オッちゃん粘り過ぎだからcoldsweats01


協議の結果、最後はヤッパリ1日エロupupnote

って事になり、そそくさとイドゥ~した。


緩やかな下げに対して、イヤガラセの様に南からの風が吹きすさぶ…

こちとらベイトタコー。

少しは手加減して欲しいモノだsweat02


ピットブルを風任せで引いて来るが自分でもナニやってるかワカラナイこの状況。

時折ボイルっぽい音がするが、目視出来ないんで矢鱈滅多らに撃ち込んでみる。

『埒がアカねェー』 凸(▼皿▼メ)

ヤル気兄を護岸沿いに引っ張って来ると、当然根にしか当たらないし。

命箱を覗くと、今日に限ってF・ミノーは不在。


しかし。

よく見るとプラブーの90が。

コレかぃ?』

再び風任せに背の向こうへフルスイング。

ジャークしたら間違いなく牡蠣殻の餌食になるんで、ダダ☆ブーチンしてると…

ゴンッ』

∑( ̄口 ̄;;;)!! ウヲッsign01


ドゥーやらコレだったらしい…(--;;;;

借り物マダ~ムがイイカンジで曲がり、コリン巻きだプーゴリラ巻きだガオー(苦笑)

ドラグの滑り具合から70前後と判断。

しかし遠いナsweat02

波のせいか、エラ洗いのザバザバ感が雑だと思いながら足元迄寄せると…

そ、そんなァ~ん(¬¬;;)

Photo ゴゴゴ☆ゴイニ~さんじゃないですかッッ

念の為にもう1枚撮ってみた。

Photo_2 ヤパーーリ、ゴイニ~~sweat02

ドゥ~やら間違いナイらしい…

嗚呼、肉厚の唇がキモチ悪しッdowndown


針を外すのにかなりの時間を要したものの、ナンとか無事にリリース出来た。

次に1投で折角外したブーツが牡蠣殻に呑まれて、回収失敗。

回収屋の手にヲチる事にgawk

リーダーを組み直すか、終了するかでボヘ~っとしてたら今度はオッちゃんヒットsign01

取り敢えず見に行くと…

やっぱりゴイニだったんで、


何事も無かったかの様に撤収sweat02



タッコル

竿

借り物マダ~ム73(最終日) (原工房)

リール

モラ~ムSX MAG3600 SW (ABU)

S社のフロロ12lbとD社のフロロ6号と8号

実弾

ナガレ95・アルバS85・ヨカミノー90 (原工房)

Bスラ (ティムコ)

ピットブル (プエブロ)

他。



| | コメント (2)

2008年6月10日 (火)

プーってなった日…orz

ルワと針のサイズを大きくしてもちっさくしてもコッパとセイゴの間をウロウロする釣果が続く、ココ最近。


で、昨日。

違う水域でgoodって事に思いが至り21:00過ぎ、某河川河口部に隣接する運河へ。

潮周りのせいなのか日曜だからなのかアレだが、餌師すら居ねィnote


shineチャ~~~ンスsign01shine

とばかりにおっ始める。


小ワンドのど真ん中をヒョッコヒョコさせ乍、ブーチング(プラ)で探ってみる。

異常ナシッsign01(≧A≦)ゞ ビッシーーッsign03


2つもある小ワンド。

ベイトはいるンだよなァ~(←池中○太80メタボリック)

誰も居ないをイイ事に、ウッカリ声に出すふとっちょカゥボーイ

そんな事しても虚しくなるだけだと気付くのに多少時間が掛かったものの、ソコは持ち前のアレnoteで何とか乗り切ってみた。


ブレイク沿いを柊(改)に付け替えてピロピロしていく。

が、

ナンかオカシイ(--;;

ライト照らして動かして見ると、まるでダメ子ちゃんがソコにィ~crying

折角SPにアホ程ブラックに吹いて貰ったのにsweat02

スマンSPdespairコレ、駄目ルワだゎ…(--;;;; デロデロデロデロ



impactflair(゜▽゜*)sign03 ンハッ


今日届いてたアルバにしよっとnote

しかし、思ったよりモグモグしちゃうのでロスる前にTWRに交代。

の3投目。

ズズズズーッ…ボチャっsweat01sweat01

一見フラットな岩場だった為、暗いのに良く確認しないで乗っかった岩がな感じで、あわや股裂きとωアタックのWオプションが付く羽目にshock

コエー、ココ、コエ~よ~~weep


開始30分で早くもスネまで浸水したポク。

しかし浸水自体はいつもの事なんで、特に気にせずピチャピチャ言わせ乍もキャストを続ける…

誰も触らないケド。( ̄" ̄メ)


段々イライラしてきた。

ドゥーやらキャストにもソレが現れたっぽい。

『ウルトラ☆バックラッシュ』…誕生。

ポクのバックラッシュ人生の中でも、1年に1回アルかナイか位のヤツgawk

一目見て、『ダメだコリャ、次イッ…ゴニョゴニョ』な感じsweat02


ええ、久し振りなんで若干アレしましたケドも(笑)

切っても切っても糸口が見つからず、流石にannoyってなって辺りに緊張が走った…ものの。

punchってなれば、ソレこそヤツラの思うツボだsign01

と、必死に自分に良い聞かす。


ヤツラが誰なのか?がサパ~リなまま。

糸を半分程失いましたが、復活させました。

やっとの思いで。スイマセン。


運河の端っこ迄行って、1バイトも頂かないまま折り返す事に。

○∥ ̄|_dashパフッッ

もう上じゃ出ないって事が嫌って程わかったんで、今度は下を探れるナニかで下を探ってみる。

所謂クランキングだ。

でもね、にわかに『うえのっちのマネ』したって釣れない訳ですよsweat02

結局ボトム以外はあたらないまま、ふりだしに戻る。

双六かッ!!


じゃあってんで、逆方面を流し始めて少し…

flair∑( ̄口 ̄;;)sign03このまま流しても一緒じゃね?

って事に思い至り。


イドゥ~だな。

6分スタンバイッ!!(←ワカルカタダケデケッコウデス)

歩いてですがsweat01


ココはさっきの運河と違い、水色がイイ感じ。

早速、際を丁寧に撃って行く。

奥へと進んで行こうとすると、先にはチッサイ先行者。

猫だcat


ミスっても影響ナイ位間合いを置いて、キャスト再開。

3トイッチ目。

『ゴッ』

キタ。

今まで先っちょしか曲がらなかったマダ~ム73が初めて胴まで曲がる。

『60位だナ、急いで抜かな…』(←声出てる)

バレたsweat01ヽ(゜▽、゜)ノ ウヘヘッ、ジョー・ヤブーキ~


これだよ…

ファイト中に違う事考えてると、絶対バレるんだょ…


気を取り直して再びキャスト。

でもその後以上ナシsweat02


戻って逆方向へキャストして…

こんなん出ましたケド(--;;

P6090001 またこのコ達かよッッ!(←またもうっかり声に出た心の叫び)

同じトコへキャストし直して同サイズを痛恨の追加sweat02

メンドイんで写はパスで。

そこから怒涛のセイゴラッシュ☆

全てアワセた瞬間に、コッチに飛んで来る(--;;;

空中で針外れてんのに…


『もう帰ろ』

そう呟いた5分後に違うparkingで際を叩くポク。

アホぅだな、我ながら(--;;;;;


で、往路はまっっっったくのノーカンジ。

水位もアレだしね。

同じ水域なのに、コッチは最初の運河ばりに濁りが入ってるし。

一応、先の小ブレイクっぽいトコも触ってみた…が、反応ナシsad


復路に突入。

今度はTKカラーのヨカミノーを際へ。

チョイッチョイさせるものの、足場が高過ぎてコチラの指示通りの動きが出来ない様子sweat02


じゃ横生ビールカラーのアルバで…

2投目でイヤ~な予感が走ったんで、ピッチャーで、お代わり交代sweat01


先にも触れたが薄っすら濁ってる。

黒柊はダメルワだし…

残る選択肢は。

ブーツS86


多少8号の船ハリスにささくれが出来てたが、この調子なら出ても60止まりだろーし。

何せ復路だからね、アレがアレなら奇跡だよキ・セ・キ・heart01


で、Sのブーチングで流して行く。

なんかね、死ぬほど落ち着く。

ナニこの安定性。

ナンだろこの潜行深度であのナクション…

皆には黙ってよ~っと。(←書いててムカついた)


程なく。

糸鳴りをキッカケにガイ~ンとアワセると。

ぴゅ~~ッdashっと。

コッパだかセイゴだかが彼方で星になった(笑)

多分あと2~3本は居るデ、ゲッヘッヘッ

そーいや今回1枚しかcamera撮ってなかったナ、グェ~ッヘッヘッヘッ


そんなイヤラシイ事を考え始めた矢先。

『ドンッ』

d(o≧∀≦o)b

来ちゃったsign01

キ~セ~キ―――sign03

『vfじぇあrghvげtbvんwgヴぇちbjッッgood(←最早言葉にすらならない)


アワセて竿を煽るが、ガンガン突っ込んで行くランカー(←断定した)

竿は勿論フル満の美しいベンドカーブを描き、コチラにランカーを寄せる。

しかし、流石ランカー

強引に頭を振り乍、一目散に沖へと逃げ出す。

そーいや、8号のササクレも気になって来たsweat02

『こりゃブーツが危ねェ』(←そこ?)

仕方なくドラグをゆっくり緩めるとあっと云う間にブレイク迄糸を出され、長期戦の様相を呈して来た…


暫く睨み合いが続いたものの、ポクの左の上腕二頭筋(ほぼ脂肪)がプルプルしてきた。

限界である(--;;


ココは勝負とばかりに再びドラグを〆直し、コリン星巻きだプー

基本コリン巻きでプー、ヤバくなったら竿でイナす作戦だプー

プー、ププーププププーsign02プップププープープーnote

∑( ̄口 ̄;;)!!

イカンイカンsweat02

独りで楽しくなっちゃったsweat01(苦笑)


で、

巻きプー出しプーを繰り返す事、5プーん弱。

やっと姿を現したのは…

湾奥ランカーフラット!!!(棘付き)

●■〓 ポトッ





タッコーだプー

竿

マダ~ム73 (原工房)

リール

モラ~ム3600SW (ABU)

べ~シック12lb + 船ハリス6号&8号 (サンライ~ン + デュエル)

実弾

アルバ、ヨカ、ブーツ、ナガレ (原プーラグ)

TWR (ラプーラ)

柊SW(改) (メガマック)



| | コメント (6)

2008年6月 5日 (木)

雨音はコッパの小手調べ(TT-TT)

先日。

115cmのブーツにセイゴがもんどり打った次の日。


1昼夜を掛けて原ルワーのリペアを費やした。

shine瞬着でshine

工房長も『瞬着good』って言ってたんで、愛情を込めてチョチョイのチョイチョイチョイだ(←多くね?)


前回のミスキャスト連発のミスは、

ナイロン糸のデロデロ感がそうさせたに違いない(←キッパリ)

って事にして、またも小雨パラつく中フロロに巻き変えて出発した。


性懲りも無く…(--;;


parkingは丁度下げが効いてる感じ

珍しく潮時表で確認したんで、バチ~~リだsign01(笑)


今夜は結構キツ目のアゲインストも効いてるんで、早速リペアしたぱかりの S115をチョイス。

S115のブーチングで際のゴキゲンを伺う。

異常なしsweat01sweat01


今夜はゼーカ~もヨイツ~なのに、何故かキッチリ10cm内にキャストが決まるscissors

運河沿いの際を調子コイてブーチングで流し乍(勿論『歩』だ)自分のキャステクに酔い痴れてる…

そんな時


sign03sign03impact( ̄口 ̄∥)sweat01sweat01sweat01

ル・ル・ル・・ルワの感覚がナイsweat02

急いでLEDを照らして確認すると…

薄っすら黄色いのが沈んで見えなくなりかけとるッsign01


『借り物』の竿なのにソコは躊躇無く穂先を突っ込むポク。


いつもなら。

そう。

いつもなら、穂先にボデーが触ったり針が絡んだりとかアリなのに。

一切触れる事すら無いまま黄色のブチ子ちゃんは消えてしまった…


速攻でBスラをボトムに這わせる。

ドゥル引きで、らしきスポットを通すと。

『コツン…』居た( ̄ー ̄;)

そのままフックに絡ませて(←イメージね、イメージ)テンションは変えずにゆっくり上げて来る。


牡蠣殻だったshock 


それからと云うモノ、2度とナニかに触る事無く時間ばかりが過ぎて行く。

開始から30分、今日は『大潮』だって事に気付いたポク。

『じゃ、戻って網取り行くついでに撃ってっちゃえばイイんじゃね?』的な考えに辿り着き、parkingに目印だけ付けて釣り再開。


柊で同じ様に際だけ叩くケド、

アタらない。

サワらない。

雨が冷たい。

シャ~ん拍子。


Bスラに変えて少し下の好きじゃないレンジをコチョコチョ弄ると。


『コチン』

やっとバイト出た。

が、やっぱりコレもコレっきり。sadゥ~ん

今度はTWRでギランギランさせながら撃っていくが、コレまたアタらんgawk


最後の手段でSSR。

で。

63_de セイゴ…以下(笑)

コッパちゃんの登場である。

が、

63_de_2 で、

63_de_3 3time。coldsweats01


一昨日よかサイズ下がったのがショック_| ̄∥○dash(←コック帽w)


大回りかショートカットかで悩んだが、ド干迄の時間と気になるスポットがあるので時間潰し的な感じで前者を選択。

軽ゥ~く干上がりかけてるので、犬SWをチョイス。


…キレーにナニもないんですけど。


で。

唯一、フル稼働中のインレット。

3投目のトィッチがブレイクの角から離れた瞬間。

『ゴン』

一緒に群れてたナニモノかが一斉に引き波立てて逃げ惑う中。

間違い無くアイツを掛けたらしいcoldsweats01

ザバザバと一丁前にエラ洗いっぽい事までしやがってsign01

紛らわしいんじゃいィ~~>(▼皿▼メ)凸


有無を言わさずゴリン巻き。

その末に上がっちゃったのがコレsweat02

63_de_4 50cmのフッコちゃ~んheart01

手荒なマネしてゴメ~~ンねsweat01


さてと。

思わぬ収穫に気を良くした我々一行(←単独釣行ですが?)

『2匹目のどぜう』を狙うものの、蜘蛛のコを散らかした後じゃ出る訳が無いsweat01sweat01


そしてムニャムニャしてるウチにシャローだったトコが干上がって、降りれるか降りれないか位になった。

微妙に降りれないケド(笑)

再び犬SWに戻して先のブレイクを狙う。

が、相変わらず無反応。


小ワンドも2個目まではナニもなかった。

で3個目。

アルモンでご機嫌を伺うべく小ワンドを横断させる事2回目。

コンってなってピョイっとして…

63_de_5 45cm。

アルモンで釣ったのがよっぽど嬉しかったらしく、ウッカリもう1枚(笑)

63_de_6 45cmなのに…


で。

これで心おきなく網を取りに。


で。

問題の現場に到着。


ここぞと云うトコで5mの磯タモさんを入れていく…

しかしsweat02

上がってくるのは牡蠣殻とヘドロのみ。

なんやかんやで30分位やってたが見つからずbearing

諦めざるを得ないキッカケは、

                 ¦
          \     |
            \   人  /
              メ´  ヾ  _,-'
           -―<  , -、 て_
                       ) / / (´
                    / / ⌒ 、
            (⌒V ,'´`ヽ
  ト、       ,ヘ   ヽ  !   :〉
  ト、ヽ    / /!    /   、゙ーァ'
  |,ノ ´ ̄` ヾ!  /   /`~´
  ,' >   < ゙, /   /
  l   、ー―:ァ  i/   /
  ゙、   Y⌒/  ,/   /
  `''ァ‐`ー'      /
   / i      /

網こわれタ――――(・∀・ )ww( ・∀・)――――notenote


写真撮り忘れたァdowndown




タックルは腰から下が基本good

竿

借り物なのに早くも使い方が荒いVonarm73 ベイト (原工房)

リール

いつもの(SWの方) (ABU)

超有名Bプロ監修のフロロ12lb (サンライン) + 漁師御用達(らしい)フロロ8号 (デュエル)

実弾

ブーツS115(戦死)・アルモン (原工房)

TWR・SSR-5(改) (ネピア)

柊SW(改) (Mバス)

Bスラ(ノーマ) (テプコ光)



| | コメント (12)

2008年6月 3日 (火)

雨音はセイゴの調べ♪

PCが『トロイの木馬』に感染する前の木曜日の出来事。

シャア大佐はララァを連れてサイド6へ芝刈りに…


ってドアホッ!!


小雨パラつく中、22時にスポットに到着した。

今夜はスタートも遅いし、parkingのコンディションもアレなんで短時間勝負。の、つもりsweat01

そう、つもりだ(笑)


早速parkingのご機嫌を伺うべくホフク前進で浸入…ウソだ(笑)

足音をなるべく立てない様に、そして影を落とさない様に水際に立つ。


仲間内でもコレを自然に出来るヒト余り居ないケド、結構大切な時もあるから心しれッsign01


際を丁寧に…丁寧にィ~…入らネーcrying

未だ慣れてないんで、目標より15cmはズレるsweat02

まぁ、夜なんで居りゃあ出んじゃね?

的な感覚で撃って行く。

撃っていくだけ…

キャスト練習状態(TT-TT)チキショー


やり始めてから気付いたんだが、ドゥ~やら上げてるらしい(←因みに潮周りは知らない)

キャストの度にゴミが喰い付いて来る。

今夜はpiscesよりゴミの活性が高いし。orz


しかし、居るトコには居るのがスーズキ。

綺麗に際を撃てる様になって来ると、程なくヒット。

50前後のフッコちゃ~んが散々足元で暴れた挙句、何事も無かったかの様にスィ~~っと泳いで去っていく。


ボー然とするポク。

そりゃそーだsweat01

高価なルワをアチコチぶつけて、やっと掛けたのに(--;;


『この状況なら、まだ出る』

と、勝手に判断して凹むのもソコソコに、歩を進める事にした。

で。

またミーゴ~ヒッツの繰り返しnote

かと、思いきや。

flair∑( ̄口 ̄;;sign03 ピクピクイットルッ

コンナン出マシタケドもcoldsweats02

529 shine72cmshine(大ウソ)

無駄にイナシたりして極力キャッチしたくなかったんだケドも…

目出度くセイゴちんゲトしましたdespairゥ~ん


段々不安になるポク。

でも1発目がフッコなんで、未だイケルと。

潮止まりでナ~んにも、ミーゴ~すら触りませんでしたがdowndown


ドン詰まり迄、虚しいキャスト練習を続けて返って調子を崩すポク。

かかし。

来た道を戻る途中で際ボイルハケ~ンgood

足元でも偶にモワンが発生してる。

気になったんでLED照射攻撃。

そしたら…

にょろ(本物)のヤラシイ部分のみが、

『どや?』

と言わんばかりの狂喜乱舞中…A^ ^;;


いつの間にか下げに突入してたらしいsweat01

つか、潮止まりだったからポクのブーツ S115に反応薄っス~だったのねsweat02sweat02

って事で、 『万が一』 の為に持って来てたニャルキバ装着。


更にリスキーなキャストを強いられる事に。

『コツン』

『ビクッ』←ビックリ空トゥン

の2『ビクッ』目。

ガボガボガボsweat01sweat01(←飛沫)

529 50ちょい。

コレに気を良くしたポク。

続けざまにィ~

ガボガボ…

529_2 グ・グイウ~…

〓■● ポトッ

コレにポクちゃんダダ凹み。

ガックリ肩を落とし、帰る事に。


最後の1投は最初の際。

ヒョコヒョコブーツ S115を引いて来ると、さっきも味わったゴミバイトプルプル付き(笑)

そして。

529_3この魚で全てを諦めざるを得ない事を悟り、トボトボと帰路に着いたらしい。

匍匐前進で(笑)



トゥワッコ~ん

竿

早くもスリ傷が付けたVonarm73 ベイト(借り物) (原工房)

リール

モラムsx3600SW (ABU)

使い慣れないニャイロン14lb + 8号フロロ (デュエル)

実弾

ブーツ・アルモン・ナガレ (原工房)

ヤルキバ (邪道)



| | コメント (4)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »