« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月25日 (火)

変態カサゴ王

というタイトルがある。

内輪でコッソリやってるんだが。
それを目指し、薬中と行ったり、うえのっちと行ったり、トぺと行ったり・・・と、通ってる。

結果は前記の通りなんだが、期日迄もう少しある。 取敢えずガンガる!!

って事で、いつも通り起きると夜のトバリが落ちてるし。 (‐‐メ)

今日こそデジカメ買おうと企んでたんだが、マンセ~先輩から釣りのお誘い。
着信見たら3回も来てた。

2時間程で、先輩到着。よく考えたら世間は3連休? 残念な2人は、『へー』ってなモンである。

目的地に着くと、いつも以上に先行者の車が無い。
そりゃそーだ! こんな時にワザワザ寒い中、釣りに出かけるなんて酔狂の極みだ。と思う。我ながら(‐‐;)

釣り開始。
そーいや穂先を折ってから軽いルワーを投げてないんで、限界に挑戦してみた。0.7gの鉛頭+ゴムでどーやら支障ナシ。反応もナシ。 泣きながら最強セットにリグり直す。

立ち位置がイマイチ気に入らないポクは、果敢にも濡れテトラへ移動。
その際、自分の体重を支えられないポクは、足を掛ける際に左の肩が逝く。

痛ぃ。 とか言ってらんないし、オッ始めた。

1投目から小物が好反応。
イイ感じでアタる。 が、全て20cm以下。 有り難さが微妙な展開に。

滑るテトラを、おかーなビクーリで拾い釣りで移動する。
段々アベが上がって24cm位になって来たが、お土産にはまだまだ足りない。
ココで、ラバジに替えてみた。。。07_12_23de_607_12_23de_707_12_23de_8

かえって反応鈍いんですけど…サイズも落ちたし  。(‐ε‐ ) ペッ
ま、レポートの件もあるんで3本釣って撮影したよ。…携帯でな。  。。(‐ε‐ ) ペッペッ

再び鉛頭に付け替えて、再会。
ガツガツ釣れやがる…

相変わらず微妙な感情と釣果(サイズ)。
今日はこのままか。と思ってたら出た。いい型。
待望のお土産サイズ。
キープの仕度をしてると、メール来た。リペだ。

『朝4時羽P集合されたし』

…Σ( ̄口 ̄;∥ 果たし状か!!

明日からフツーに仕事なんで、呪いの言葉と共に返信しといた。


そうこうしてるウチに潮止まりになったのか、妖気を纏ったマンセ~先輩が。
本来なら、これから~的な空気だったんだが時間も時間だし、気付けばお互い30ソコソコの釣果なんでココは勇気ある撤退と相成った。

家で、問題のサイズを測って撮影してみた。

古いデジカメを現場に放置してたの忘れてたんで、結局携帯だ。Photo_4

ワカんねぇ~よ、こんなんじゃ・・・(‐‐;;;;

って事で、苦心の末分割してみた。Photo Photo_2 Photo_3

あ!、
27cmねぃ _| ̄∥○ ガックシ


で、次の日。
最悪な出来事がポクを待ち受ける・・・



 

| | コメント (9)

2007年12月15日 (土)

泥んこタッコー TT TT

つい先日。

ヒパコン氏と久し振りにセッション(笑)してきた。



まあ、その日はヒドイもんで風はビョービョー。

オマケに僅か開始2投目で、普段Q江戸でヤッてた『ライト照射攻撃』を喰らう…


その際、逃げるんで塀をよじ登ったんだがコレがイケナカッタ。

上げた足にタッコーが当たり、そのまま吸い込まれる様に道路横の側溝に

・・・(; ̄口 ̄∥)!!


            イン!!

ですわ。

意外と深い側溝に手を伸ばし、何とか掴んで無事脱出に成功。

物陰から、テキの様子を伺うピパコン。

正直、掴んだ瞬間から状態は分かってたんだが、LED照射により悪夢が現実に。

一面、つかティップからバットエンド迄・スプールからハンドルまで、

全て泥んこだぁ~(号泣)

しかもその泥、無駄にキメ細かい…_| ̄∥○ ガビーーン

アセる、ポク。

竿はもう前回折れてるんでそうでもナイが、

リール~!!(←半狂乱)


何とかやり過ごし、様子見で安全P迄戻りポパコンは再開。 ポクは海へ洗濯へ。

最初のウチはガンガン落ちていくんだが、無駄にキメ細かい泥はそう親切でも無く一定迄落ちると、後は現状を保とうとする…

・・・もう、いいやぁ。 うへへへ~ ジョ~・ヤ・ブ~キ~ 

(↑カルロス・リベラの如く壊れた)


ま、リーリングに問題無いみたいだし。 

って事で、泥臭い竿と手は我慢しる事にした。



釣り再開。

ドーモ感度が鈍くなった様な気がするが、十中八九泥のせいだ。 しかも乾いてキテるし (--メ)

きっとガイドにも泥残ってんだろーなぁ~

しかもイケナイ。

風が追い討ちをかける様に糸を弛ませて、アタってんのかボトムなんだかハッキリしねぃ。

容赦なくラバジ・鉛頭が無くなってイク。。。アト、糸と。


両方ともヤバくなってきてキャストすら儘ならなくなってしまい、カプコンが字名の由来となった暴れ方をしてる頃、ポクは際に残り少なくなった鉛頭を落とし込んでいく。

さっき迄と違いココ特有のアフォ程のバイト&キャッチを狂った様に繰り返していくが、全て・全てちんまい。

中にはイイっぽいのが掛かるが、フッキングが甘いのか?最初っから甘噛みなのか?はナゾだが、キャッチ出来ねぃ (;--A

全て同じトコで掛かってるトコを見ると、バラさない限り未だ喰いそうだ。 ダモンデ!少し間を置くんで他の際へ。

腐る程ちんまいカサゴをゲトし続けるポク。 テトラの中心で嘆くピポチュ(笑) 1往復してイザ勝負の刻。(←ウソ。 ホントは忘れてた。)

でも、それが良かったみたい。

                  落とす。

                   ↓

                  アタる。

                   ↓

           引っ張りっこ。(今度はノってる)

                   ↓

               ドラグ出た。。。


で、やっとキャッチ。

寸法=26.5cm。 ヒバゴンに自慢できるサイズだ!


そのヒバゴンが戻ってきた。 キャッチ出来たサイズは僅か2本だそーで。


早速比べっこしてみた。



0.5cm負けた… ●■〓 ポトッ



そんな48勤務明けの出来事。


追記

ガイドどころか色んなスキマ産業に泥は進出してたヨ…

| | コメント (6)

2007年12月11日 (火)

変態メバル王

に、今日なってた。



まあ、ね。 

他とはフットワークが違いますカラ。 フットワークが。


加えて最大のライバルも病に倒れてたらしいし。(;^^A

縛られてるモンもないし。(←人としてどーかと思う時もあるが・・・)

そんなキングになった夜の話。



12月8日

本来ならソピプレゼンツで横浜でブイブイ言わす企画だったのだが、当日中止に。 

『ポク、どーしても収まらないぉ!』

ってなってたんで、うえのっちを騙して強行した。

高速で2度程雨に叩かれたものの、現場は止んでたんで躊躇する事無くGO!!

’71年組はノリ重視なのダ!!(多分)


サンプルラバジを渡し、いざ。

ポクね、今日は最初から鉛頭なの。 大体の感じは掴んだからイイの。 うえのっちに任せちゃった(笑)

好調に釣って行くがサイズが20cm以下とキープ出来る様なコが喰わない。 チョット焦ってうえのっちの方を見ると仕切りにフラッシュが焚かれてる・・・(--;)y^^^ ヤベーゾ オイ!!

と、そこへガツンとイイ引き。 礁楽もガッッツリ曲がってる。 万歳的格好でゴリ巻きするが、根に引っ付いた様で引っ掛かる。 

けど、そんなに深くは入ってナイ筈なんで、ここはダイゴウインジャキの気合で頑張る。 頭の上で、ガラス的な何かが爆ぜたが、丁度カサゴも観念したトコなんでブチ抜く。 


魚がブラブラしてる上の方で、小さな何かもブラブラしてる・・・ものスゲー嫌な予感・・・

ガビーン ( ⊃Д`)⊃「


やっぱ折れとる・・・●■〓 ボトッ


後で補修する事を誓いティップをポケットに仕舞う。 そりゃあもう大事に。

折角イイサイズが出始めたのに、いつまでもクヨクヨしてらんない。 ガツガツ掛けてガッチリキープだ!!


そんな感じで4本目を掛けた時、異変が。

カサゴじゃドラグ出ない筈なのにジャンジャン出ていく。 シーバスか?とも思ったが、首振ってないし。

BOA? ボラか?

とか思って恐る恐るゴリ巻き。 寄せちゃ~返しちゃ~を繰り返したが、やっと観念してきたらしく、さっきと違ってスンナリ寄って来る。 グローのグラブが見えて来た辺りで、最後の足掻きかビッタンビッタン水面を叩いてる。

LEDを照射してビックリ。 チヌだよ奥さん、チヌ。 略してヌーチー。 30cm位だと思って、いざランディング体勢にテトラに寝転ぶポク。 

アレ?大っきくない?

ドコを掴んでイイのか分からず、エラに突っ込んだり背びれに刺されたりしながら、コチョコチョする事5分位。 どーにもならない事が判明。

残る手段はあと1つ・・・


ブラック持ち。


決してやりたいプレイじゃない。 が、他に手段が無い。 この体勢もそろそろ辛い。

・・・やるかァ ( ´Д`) ハア~

やる! と決めたんでヌーチーの体力の残りを絞り尽くすが如く、触ったりLED当てたりしてジワリジワリと奪い取る。残り1滴まで。

頃合いをみてグローブを外し親指に巻きつけて、

ズボッッッツ。 )`o´(  ンア~~ァ

入れた瞬間・下顎を捕まえた時・持ち上げた時・・・計3回噛まれたものの、既に指を砕くだけの体力も無い。

そのまま抱えてキープ袋にINとなりました。


掛けてからから10分位戦ったんで、チョット休憩ついでにうえのっちの様子を伺いに。 少しアタリも渋くなってきたんでね。 



相変わらずうめぇな。 うえのっち。

カラツンしてたのは最初だけで、スイープアワセをアドバイスした後は、漏れナシ。

・・・オソルベシ。



暫し歓談した後、再びボトムゲームを展開していく。

徐々に水位も上がり、段々魚のポジションが変わってきた。 それに連れてサイズもアップ。 いつの間にかキープが7本に。



うっかりメバルが釣りたくなってきた。

久々にマルキンをチョイス。

1投目、スカ。

2投目、カサゴ。(ハズレ)

3投げ目、テトラがバイト・・・何とか外してリーリング開始。って何か喰ってるし。

犯人↓↓07_12_8_2

勿論、2匹目3匹目のドジョウ(メバル)を期待してガンガンキャストするが、それっきり。

たまにバイトをアワせるとコカサゴ・・・(汗)

で、趣向を変えて前回ソピがやってた壁とテトラの隙間メソッド

壁とテトラの間が狭くなってるトコにリグをボトムまで落とし、

ユーーーーーーックリとリーリング。

フォールでゴツン!

犯人はコイツ。 07_12_8_de ソイ。 小さいながらも初ムラソイ。


そんなこんなで楽しい時間はアッと云う間に午前4時と半分。

釣り公園で、朝マヅ狙いの釣り人と入れ違いに撤収・解散とした。


家に着いたら丁度家族の起床時間とバッティングして、ヤイノヤイノ言われながらお土産を渡す。Photo  

今回は唐揚で。 とリクエストを残して。


ヌーチーに至っては出刃が無いらしく、魚屋に持ち込んだらしく起きたらコレが07_12_8_3

こーなってた。07_12_8_4




両方美味かったよ。


あ、大切にポッケに仕舞っといた穂先はいつの間にかバレてた。 観念して2番からカットしたとさ。

 

| | コメント (4)

2007年12月 7日 (金)

真似事。

釣りに行けない葱師に代わり、ロック用のラバジをモニタリングする事に。



12月2日

リペとテストフィールドで待ち合わせ。

早速サンプル(つっても市販されてる)を選んで貰う。

しかし、この広大なウへウへマイランド。 いきなりボトムを叩くのもどうかってことで、先ずはCDL-3から。07_12_2 07_12_2_2

ご覧の通り。

メバルは2~3枚抜くと反応無くなるんで頃合いをみてラバジに交換。07_12_2_de_5 07_12_2_de_6 07_12_2_de_7 07_12_2_de_8 07_12_2_de_9 07_12_2_de_10

この通り。

2・3gのラバジに対してスカートはミニの方がイイと感じて、『パンツ見えるか見えないか位』にカット。因みに2gは中身丸見え仕様だ(笑)

只残念なのは、場所柄生還率がべラボーに低い。この日5~6個をロストして終了した。



因みにリペは折角渡したサンプル、結局使いませんでしたが・・・

ソペよ。

キミゃ~底取る釣りン時はジグ頭及びテキサス禁止な!!(←結構本気)



12月5日

シープ☆くんからの間違いメールがきっかけで、釣行する事に。

タカハシくん、どーやらラパラから実釣の写真を迫られてるらしくチョットお手伝い・・・なのかどーかは定かではナイっ。(--;


さて、モニター様から奪ったCDL-1のリップ丹念に削り、早速キャスト。 サクサクっとメバル・カサゴをゲト。07_12_5_6 07_12_5_7  07_12_5_3 07_12_5_4 07_12_5_5

したものの、案の定テトラに喰われて奪った筈のルワーを奪われた。(゜∀゜) ワッショイ!!

手持ちのCDLは既に弾切れ済み。 仕方ないんでココはラバジで。

ま、写真も押さえたんでイイでしょ。

使うかどーかは知らんケドね。 ( -д-)、ペッ


で、ラバジ。

前回、2~5gをサラっと使ってた時とは違う潮周り。&風。+波。

う~~~ん、テスト日和。(TT TT)

2gをチョイスしてフォール・・・させるのだが、いつになってもボトムに着かない。 答えは流れ。 スカート部が抵抗になりすぎて、流れに負ける。。。カットだ。


只でさえパンツ(針ね)丸見え仕様。 これ以上のカットは只のジグ頭である。 そこで諦める事に(爆) シチュエーション変えてね、望みますよ。 スイミングとか・・・(←小声)

そこでジグ頭にゴム付けて底を這わすと、漏れなくゴゴゴっ。 アワせるが途端にプチンと糸切れ。 その繰り返し。 隣でシープ☆くんがバカスカ釣ってるが、そんなのムシだ! つかソレどころじゃねぃ。

数枚ゲトして気付いたのがもう1コ。

最初、礁楽でのライトテキ及びジグ頭のボトム釣りには適さないと思い使って無かったんだが、アラビックリ、イケんじゃん。 んだば新調しようと思ってたんだが、


ヤ~~~メたっと。

| | コメント (4)

カワハギのばか。

とある12月1日。



マイミクの裏筋ピンポイント氏のボートで竹岡沖まで行って来ました。


5月からやり始めた餌釣り。

釣り分けなんか出来ないモンで、ほぼ5目釣りですが、ナニか?

それでも釣れれば楽しいもので、バチに齧られても大した事ナイです。(←ホントは触れなかった)


さて、

集合した後、荒川河口から目的地を目指したんだが、竹岡沖ってドコ??って感じなポク。

聞くのも舌噛みそうなんで揺らてる事に。

遠くの方でベイブリッヂが見え出す頃、更に揺られ加減がアグレッシブになり、船が壊れないかハラハラした。


遥か彼方の点々がやがて船団になり、船の名前が読める様になってやぁっとP到着。

そこそこケツと首に違和感。

とっととオーソドックスなダウンショット(3本針仕様)をリグってバチとアサリを交互に装着。

1投目。 着水と同時にアサリが逃げ出す・・・ (--;) マジデ?

微妙にイラツキ始めるが、逃げたアサリにゃ用はない。


そーいやTVでアサリの付け方やってたナ・・・

覚えてナイけど。(←大きくする程でもないが。)

テキトーに付けててもムダなんで、3本全部にミミズ攻撃。

これが、

べラ・トラギス爆釣・・・・・・●■〓 バタッ



他3人がそれぞれ腕に合った釣果を上げて行く中、ポクも順調にべラ王に近づいて行く・・・

防寒着がやけに暑いんで、脱いだ序でに時計を覗くと・・・14時だよ・・・

(--;;;;; ダラダラダラ (←色んな汗)


1人焦る中、いつの間にか隣で糸を垂らす3屁ェ。 で、隣で楽しそーにカワハギと戯れる3屁ェ(--メ)

ここで裏ピン氏から非常のタイムアップ宣言。

ええ、凸ってまいましたが? それが何か?

来た道?を船をバインバインいわせ乍戻るんだが、行きと違い心無しか波が荒い。

首・腰・裏腿にガインガイン。それが元で裏腿に羽乙女が出来た位だ。


やっと風の塔まで戻って来ると裏ピン氏、突然のスピードダウン。

鉛装着の指示で、鱸狙いらしい。

が、

ポクはお土産狙いのロック狙い。

2フォール目でゴンっ。 ノった・・・バレた・・・x2。


折角お目当てのロックがヒットしてんのに。

思えば今日1日そんな感じだった・・・ナ・・・(←泣いてないもん)

| | コメント (4)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »