« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月27日 (火)

初ロック!!

3連休最終日。

特に予定も立ててナイんだが、昨日の葱師のカリを返すべく吉見屋に呼び出す(←決して決闘では無い)

行き掛けに、ストリンガー☆ベロシが今夜出るらしいとの情報を入手したんで、『連れてけメール』を出しとく。



吉見屋で葱師と合流して、リールの掃除道具&インナーを購入。 すると、スト☆べーから着メ。 17時決行との事。 まだ時間があるんで、吉見屋富津ツアーに参加の面々と暫しの談笑。 あっ!!


・・・∑(; ̄口 ̄∥)!! ジカンスギチャッタ・・・

急いでストベロにメルして、速攻帰る。 

急いでる時ってノロノロ運転してる奴に殺意を抱くよねっ(笑)


支度して時間が無いのに、鍋のスメルに誘われてうっかりご飯するポク。 ぺロシごめんよ。。

適度に満たされたんで、全開でPへ吹っ飛ぶ。。。法定速度内で・・・(;--A


そのお陰か大した渋滞に巻き込まれる事も無く、2時間遅れで到着。(←B型の典型) しかし、ストリンガー☆べロッシ。 何故か、トミー&アゲハ連れ。 ・・・結局、愛と云う名のストリンガーは強いって事ね。(笑)

どーやら、ロックは愚かスーバシも留守との事で、ベロシと共に・・・って、ベロシ帰っちゃったよ。



仕方ないんで、奇しくもソロでPに入り込む。

取水塔に潮目が絡む1級P。 P、渡れない・・・どころか、テトラ無くなってる!∑(≧△≦;)!!

諦めて入れるトコからCDL-3とスモラバを投げ倒す&落とし込む。 が、コレだけ。07_11_25

『釣りスタ』じゃナイんだからさ~とッコミつつ(←勿論独り言)も、記念撮影するポクもポク。



で、覚悟を決めてカタパルトの方へ。

出荷前のジムが2体並んでたんで、卑猥な落書きしといた。。。。。。ウソだ。 ( ̄ー ̄)v

この辺のテトラのコケはさっきのPのと違い、濡れて様が乾いて様が一切関係なく滑る。

慎重に慎重に・・・ゴッ (°△°) アーー 。。。。。

ウソだ。V( ̄ー ̄)V


先行者も《ピ――ッ》も来ない貸切の1投目~07_11_25_cdl3 07_11_25_cdl3_2 07_11_25_cdl3_3 07_11_25_cdl3_4 07_11_25_cdl3_5

カサゴ・カサゴ・メバル・メバル・・・。CDL-3に面白い様に喰って来る。 良く網チュが、『テトラの上に浮いてる』って言うのが凄く良く分かった。

イイサイズの魚をテトラ化けさせて(既に2個目)、強制的にアブ弾チェンジ。


こんな時に試したいのは実績の無いルワーだよね。 

って事で、MFR。

コレ。07_11_25_mfr3

3投位して反応が無くなる。 スレたのか、居なくなったのか判断がつかないまま、ゴッ。

鼻ドラビッカビカ。 テトラをかわしつつ、右へ左への大忙し。 上がってきたのは・・・07_11_25_mfr3_2

これの所為でメバルは散り、カサゴは沈んだんだと判断。


ならばと、スモラバにチェンジ。 因みにコレも実績ナイ。

が、それも昨日迄の話。

マサに1投1殺。

余りにも釣れ過ぎ。 サイズも選ばないんで、根こそぎ抜いたった。

07_11_25_29cm 最大29cmを頭に25cm前後はお土産に。07_11_25_2


散々釣って時間を見たら23時半蔵。撤収とした。

高速に乗って大井辺りで、ガスがヤバい事に気付く。

気付いちゃったからにゃあムリは出来ない。後はなるべく吹かさない&ブレーキ踏まない様にオッかなベッコリ。

6号向島線でとうとうエンプティが点いちゃって、ポクのナニかが漏れそうに。

降りて速攻で最寄のGSでスッキリした。。。。。ウソだ。 

d(≧∀≦)b 

・・・ガスリンだけ入れた(笑)

| | コメント (3)

小名浜リベンジ企画

裏筋P・P便の当日。

葱師電。

『どーする?』 どーするってナンだ?(←心の声)

『イク?網元にも電するけど?』 いく気満々だし(;--A (〃)

『じゃ、後で電しる。』 あ、決まっちゃった・・・ 

で、裏筋P・P便が終ったのが1時過ぎ。+集合時間は2時半蔵。=帰って寝るヒマも無ぇ。

幸いにも集合場所は同じなんで、腹ごしらえをするか寝るかを熟慮した結果、2秒後には新木場のすき家へ。 メガ牛を急いでカッ込む。 途中、肉を絡めた内ホホ肉もガッツリイっちゃったハプニングがあったものの、再び夢Pで仮眠としゃれ込む。 ウトついてたら葱電。 着いたけど入れないから支度して来て。

歩いてると同じ様な格好の人影・・・網チュだ!!

そんなポク達を乗せ葱カーは一路小名浜へ。 つっても三郷を抜ける頃には、ヲチてましたが・・・(=ω=)zzz

で、起こされて気が付くとソコは福島県。 やって来ました。てか運ばれました。

早々に渡船料金を払おうとケツポケに手を入れて盲パイ切ってみて初めて気が付いた。

銭の補充してねぃ・・・や。

超ピンチ。 月刊ピンチくん発売。

どーりで小銭が溢れんばかりな訳だ。 ヨシ!!今日は葱師に借りとこう。(←心の声)

で、寒い中沖堤に着。

2人がリグってる中、昨日のタックルのままのポクはオモムロにヒラメスピナベをチョイス。

1投目でこれ。07_11_24 07_11_24_2

幸先良さそうだったが他は異常なし。 ソコでリグり終った葱師のテキサス1投目。07_11_24_in

これ。

こんなの見せられた日にゃ~って事で、テキサスを今まで掛かった事ない速さで仕込む。で、速攻根掛り・・・(--メ)

イヤんなって、今度はヘビダンをアッと云う間にリグる。 斜に投げた2投目。回収寸前に、ココっ…ゴン!(←根に触って引っ掛かったと思った)

アワセたんだが、ビクともしない。が、ゴリ巻き出来る。で上がってキタのは・・・これ。07_11_24_4 07_11_24_5

瞬く間に2人リベンジ達成したのを、間近で見せつけられた感じの網チュ。 キャロをひたすら引いて来るが、反応無いらしい。

ヘビダンで他も探ってイクが、反応ない。 ボトムをシェイキングし乍、ふと水面を見渡すと、何だかざわついてるトコが1ヶ所。それは見る見る内にナブラに。 急いで戻り、鉛弾にリグり直して駆けつける。 (勿論、葱師・網チュに報告済み。)

でもネ。 着いた頃にゃ遥か彼方ですよ・・・( ̄口 ̄;) ソンナモンダヨネ。

と、そこに作業船来襲。

寄ってキター!!ゴっヂギタ゛――――°∀°――――

しかし、ポクの鉛にゃ・・・(ТoТ)

網チュが掛けた。楽しそうにファイトして、上がったのが、これ。07_11_24_in_2

そそくさとヘビダンに戻すポク。 葱師なんか最初から結んで無いし。

そんなのお構いなしで、次々と鯖ゲーを楽しむ網チュ。 ホントに楽しそうだ。

網チュが鯖に飽きた頃、テトラの落とし込みテキで葱師がタイニーアイナメと、穴鯊をゲトして来たらしい。

暫くモーマンタイな時間が過ぎ、ポクが回収にバイトしてきた何かをバラした後、網チュが満面の笑みを浮かべて戻ってきた。 その手にクロソイを掴んで。07_11_24_in_4

時間ギリギリ滑り込みセーフで、全員リベンジ達成。

戻りの船で船頭と暫し話たんだが、どーやら今日は芳しくは無かったらしく、30人位で大会やってたトコもノーヒッシュだったらしい。

そういや、前にうえのっちから『ラ・フェスタ21g』の捜索が出てたんだが、網チュが発見。渡船屋に戻って買ってた。 その時聞いたんだが、先出の大会は『パワーオーシャンカップ』だそーで、誰やら彼やらが来てたらしい。 おかみさんに『表彰式見て行けば?』って言われたんだが、そんな事言われても・・・ねぇ?

で、挨拶もそこそこに帰路に着く事に。 行きで、あまつさえイビキ高々だったからナ。

って事で運転し始めたんだが・・・

どーもイケナイ。 高速乗った辺りから意識を保つので精一杯に。 異常事態を告げパーキングにて網チュと交代。 

・・・スイマセン、不覚にも到着まで意識トんでました。

オンリー☆ロンリー☆ジャンキー再び(笑)

| | コメント (2)

2007年11月26日 (月)

裏筋ピンポイント便

小名浜遠征が中止になったと同じ位に、うえのっちからお誘いが。

裏筋P.Pと3人で出船。 今日は1発大物狙いだ!!



それでも取り合えず魚は釣りたいんで、鉄板Pと噂されてる某所でプチる。 1人7~8本釣ったトコで、皆エンジンが掛かってきた。07_11_23



2ヶ所目に選んだのは湾岸河口橋。 しかし既にチャーターボートとか某プロの船が各々のスタイルで陣取ってる。 流れが急なのとプレッシャー高そーナンで、下って渚の杭打ち。 3人で結構な数を打ち込んだんだが、マタ~ク反応ねぃ ⌒( ̄ー ̄;)⌒



それならばと、隣の大河川河口へ。 アンカーが効かず、杭にロープを引っ掛けてミオ筋からブレイクを流していく・・・ そろそろベイトも流れ出し、イイ感じの筈。 が、しかし! 誰1人アタる事無く、大きく移動。



羽田空港。 何でも、ドコに投げても入れパクパクらしい。 シャローを12cmのミノーを取っ替えひっかえ投げ捲るが・・・以下同文。 コレでダメならってんで久々登場のサーフスラッグ。 2投目でキタ。が、寄せる時にムキになってゴリ巻きしたんで、ジャンプでバレた。 それキッカケで、諦め切れない杭回りへ戻る事に。



しかし、敵もさるもの。 いっくら投げても巻いてもキレ~~~~~にナニもナイ。 再び旧江戸に移動するが、今度は浅過ぎでエントリーも出来ない・・・orz

時間も時間なんで、戻りながら行きにプチったPでつかの間のプチをマタタビ。 普段釣れてないルワーを投げ倒し、キレーなルワーに傷付けて次回のゲン担ぎとした。07_11_23_2  トホホ。




竿:メガバス・矢部ザイル

リール:アブ・レボSTX

糸:サンラインベーシック14lb+デュエル船ハリス8号

実弾:テリフ120typeⅠ・リョーマ・ゾンク120・ゾンク潟ライド・110SW・サーフスラッグ・ナバロン120・サスケ120・TWR・SPR・TKLM・テリフ90・X-80BEAT・サラナ90・柊(改)・R.B他

| | コメント (2)

2007年11月21日 (水)

旧江戸川。

え~っと。

ここんトコ、サボってたんでダイジェスト風味で。(;^^A




11月13日。

オッちゃんと待ち合わせて旧江戸へ。

前回、ナナマロをゲトしたPでオッパッピーオッ始める。

が、ボトム(牡蠣殻帯)に擦れてロスるかも。 とか思ってたら・・・

で、移動。

ココも危ういんだが、何とか引ける。 筈だったんだが、敢無くロス1 ( ̄〇 ̄∥)

所用で電話してたらオッちゃんが、あれよあれよと云う間に1ヶ所から5~6本抜き上げる。 サイズはフッコ止まりなんだが・・・何だか悔しいやん?(←紳助)

無理やり電話切ってキャスト。 ヒットしても逸ってるお陰で、2バレ。(この時点でオッちゃんから立ち位置奪取)

なんとか2本のギリフッコをゲトしたものの、1本は久し振りのお約束ヒッシュ・・・07_11_13_110sw 07_11_13

この後も色々粘ってみたのだが、ムダに終った・・・orz


11月15日。

昼過ぎにオッちゃんから入電。

『デカイのデテルヨ~! オイデヨ~!!』との誘いに、ほぼリアクションバイトするポク。

いつもと違い完全な海ですよ、奥さん。海。

真っ昼間から怪しいオサーン(←人の事言えない)達が、大海原目掛けて何か重そーなブツをブン投げてる。

∑(; ̄口 ̄∥)!! マヂで?

鉛弾ですよ・・・アシスト付けて。 コチトラ最初っから持って来てませんが?

仕方ないんで、RB(大)を引っ張ってましたよ。 ナーンにもアタりませんでしたが・・・

そーいや、ロクマルのアイナメがゲトされたらしいってんで、オモリ針とゴムを用意したんだけど、人知れず海のモズク藻屑になったのは内緒だ。

日暮れと共に移動を決意。

メガ牛で英気を養い過ぎ軽く眠気が誘うが、次のPは初P。 気合が入る。

で、Pに入って直ぐにオッちゃんのドラグが鳴る。 デカそうなんで見に行くと、イイ歳コイて暴れるオッちゃん。 何でもランディング寸前でボガに挟むの失敗したついでにバレたらしい。 

Ψ(`∀´)v ウヒャヒャヒャヒャ(←心の声)

続いてポクにも待望のヒット!!

・・・ゴゴゴ、ゴイニー >(°Д°;)d⌒\07_11_16

5千円も出して買った某シリコンルワー恐るべし(笑)

ヤケになって旧江戸へ。

いつものPに入るが、マタークサカナイナ~イ。

寒さも限界に来て泣きながら帰る。

が、大事件。

いつも平気だった筈のP。 前ガラスにルーシー貼られてる・・・

( ̄A ̄メ) 


11月20日

釣行前にガタライドを買う。

何かよさ気だったんだよ。 ナニがって訳じゃナイんだがね。

で、やっぱりオッちゃんと旧江戸。

前回駐禁を切られたオッちゃんは遥か彼方へ車を止めた。 間近でその光景を見ていたポク。 オッちゃんよりは近場に止めたものの、いつものPに着く迄かなりの時間を要する事に。 例えるなら、

某大国半周。

でさ、釣れりゃイイんだけどね。

前回より更にサカナっ気が。 ふふふ。(←笑ってナイ)

でも段々と上げが効いてくると、いつものPに潮目発生。 流れと上げがぶつかるヤツで、まっ2つ。 &どー考えても届かない距離に1ボイル。デカ目。

頑張って投げたんだが、散らす事が精一杯だった様で、1コツンもなかった・・・orz


暫く一心不乱に撃ってたらコツコツとアタリ出す。

マターク乗るそぶりもナイんだよ。( ̄口 ̄;)

大体こんな時のサカナはデカイかちっさいの両極端。

さっきのボイルの感じだと前者だなと、勝手に判断して、ルワーを交換。

で、3投目。

小気味良い引きにノった魚は当歳魚。(TT^TT)07_11_20 07_11_20_2

凸んなくて良かったと自分に言い聞かせ、長い道のりをひたすら歩いて撤収。




・・・結局ダイジェストになんなかったナ。

| | コメント (9)

2007年11月 7日 (水)

いつものオッちゃんについて

ええ、よく騙されるんですよ。 イヤ、ホントに。



2潮周り位前から、『アソコイ~ヨ~・デカイノデテルヨ~~』等と甘い誘惑を掛けてはきてたんだが、思いのほか仕事で時間を費やされ何時しか忘れてた。 (°∀°) ヒヤッホーイ

昨日ドコへ出ようか考えてた時、フッと思い出したんだが『後でイイや~』って事で放置していた。 


・・・ら、オッちゃんから掛かって来た。愛のチカラだ(笑)

某河川でプレイ中で、既に5本(ギリ鱸クラス)上げてるらしく『早く来い』x2と矢の催促。 分かったx2とテキトーにあしらって、用事を済ます。 結局、現着したのが20時チョイ前で、オッちゃんの対岸へ。 何故なら《着いたよ電》をした時点で、12本出た、12本!!と、オウムの様に繰り返してたからだ (;^^A

ベイトはサッパとの事だが、上から見てて判断出来ない僕。それならばと、得意のスルーを決め込む。 1投目。橋脚の明暗部を擦る様にテリフ1を引くと微妙な1コツン。 期待を込めた2~20投・・・忘れてた、最初にノらなきゃ一生ノらねーんだった      ( ̄口 ̄;)

と、ココでオッちゃん電。 《時合いも終った臭せーからさ~、Q江戸行こーよ~》が僕には、『もう釣り切っちゃったからさ~(僕の場所含む)、Q江戸行こーよ~』に聞こえた・・・


で、Q江戸。 某Pは大人の水遊びの車で満員御礼。 やっとこ車を停めて、スポットを目指す。 ・・・流石ビフォアミドル。の下げ一杯。 ゴム長を履いた勇者達が、闇夜に風切り音を響かせてる。 そんな勇者達を尻目にテクテク河口を目指す。 で、行き掛けのホテル前、何の気なしにホテルを見上げると・・・

おお~~~っ!やってんなァ!!(≧∀≦)ノ

よーし分かった。そんなに見せてぇ~んなら、コッチもアレだ。

腰据えて見ちゃろーぢゃネーか。(←バカ)

って事で、オッちゃんと2人、腰掛けて暫し観察会。只見てるのもアレなんで、そろそろLED攻撃でもくれてやろうかと用意してたら、察知したのか窓辺から姿を消した・・・チッ ( -д-)、 ペッ


微妙なヤリ切れなさを抱えたまま、再び竿を握る。 イヤ、そっちじゃナイってば。

底が見える程水が無い。何なら岩も見え隠れしてるし。 諦めようとしたらオッちゃんにヒット!! しかしドラグ音が2秒程で止まり、替わりにオッちゃんの咆哮が中防の届くんじゃないか位、響き渡る。 水鳥達も一斉に逃げ惑っちゃったんで、河口へ。 って河口はヒトだらけ・・・

諦めて再びホテル前。水が増えてきたってんで、1投もする事無く協議の結果本命Pへ。

本命Pに近づくに連れて、風が出てきた・・・しかも上げてんのに川上からだ。(-ω-;)


あ―――ぁもう。釣れる気しねぇ。 で、デカポッパー・デカペンシルで様子を伺ってると、またもやオッちゃんのドラグがビカビカ鳴ってる! が、そこは自称『今年はランカー釣れない』と豪語するだけあって3秒でブック・オフ。 残念。v( ̄ー ̄)イェイ


オッちゃんがバラしたんで、少し間を空けてテリフ1を撃ち込むが底に擦って心臓と財布に悪そうなんで、サラナSRをチョイス。 ゆっくりx2巻いてるのだが、マターク反応無い。 弾替えするんで割と早めに引いてたら、ガスッ。来た。いつもより1番手硬い竿がイイ感じで曲がる。遠くでエラ荒いしたり横走りしたりしながら確実に体力を奪って行く。ようやくランディング。07_11_7_3

67cm。

危なく凸るトコだった・・・

で、帰りたい病を発症しかけてたんだが何とか持ち直し、再びキャスト。

アレ?リールがオカシイ・・・

巻いてくると4回おきに抵抗が掛かる。→ジャークして見る。→直った。\(^O^)/ ウホホ~イ

でも、ダダ引きを繰り返すと元に戻る。 orz

じゃあってんで、110SWに替えてジャークで勝負する。 ゴン!で、アワせると、ボトム・・・

2回程ロストの危機を脱出して、流石にダダ引きを強要される。 が、何が何に功を奏すかワカラナイもので。

『ボスッ』っとなってギャッっとアワせて、ギュイ~ンと竿が曲がってギリギリと軋み乍放出されていく糸。 放出?16lb巻いてるのに? 

あ・・・ドラグ緩いや ∀ ̄〃) テヘッ

寄せてネットマンを呼ぶが答えが無い。見渡すが影もカタチもホニャララだ。 仕方ないんで、自分でランディング。この時悲劇が・・・

網の上に乗っかってた竿。マイロッド。 網を動かした拍子にズルズルと水没していく・・・

ええ、水没しました。完全に Q∥ ̄|_

緊急事態にうっかりパニックに(汗)

慌ててオッちゃんに電。 大分離れてたらしい。チョット冷静になった。 時間が掛かりそうなんで、ルワーでも外す。 外す?(←天丼) 見れば2ヶ所も伸ばされ乍も、ガッチーンと1ヶ所掛かってるトレブル(純正)

∑!!( ̄∀ ̄ )y-~~~~~ ウッヒャッヒャッヒャッ

糸を手繰る・・・引っ掛かって上がって来ねぇ。

∑!!(; ̄口 ̄∥) ガビ~ン

~等と一喜一憂してる間にオッちゃん登場。 助けて貰って無事?タックル回収。

んで、計測 ・・・07_11_7_4

71cm。

ついでに時間は午前2時・・・

オッちゃんとの釣行はいつも長くなるんで、長居しない様に薄着して来たのに・・・ただ寒いだけになった。


その後、オッちゃんにも45cm位のが来て凸逃れに成功したんで、撤収した。

今朝、流石に起きれなくて遅刻した。



残念。



タッコー

竿 : F4610-オカザイル(メガバス)

リール : レボ-STX(アブ)

糸 : フロロベーシック16lb(サンライン)+船ハリス8号(デュエル)

実弾 : サラナSR・110SW・テリフtype1・ドリフ120・サブウォーク・サンダー棒SW・チャグバグSW・ブーツ120

| | コメント (8)

2007年11月 1日 (木)

ココ最近

そーいや、釣りは行けども更新してなかったナ・・・



・・・別に、誰も見てネ~んだしイイか。


チョコチョコ釣りには出てるんだが、目ぼしい釣果ばかりでは無いんで、

先週の湾奥最狂便と、昨日の釣行の2本立てで。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、10月の24辺りだったと思うが。

27・28日に行われるお台場のイベントで鱸のタッチプールを催すんで、確保しに行った。当初、具合も良くないんで断ったんだが早く帰れる事になったんで、急遽参加する事に。 メンバーを聞いて無かったんだけど、平日なんでてっきり貸切だと踏んで余裕コイてたらヒバゴン登場。 間を置かず『恐竜』さん登場。

うわ~っ、ダメだ・・・帰りたい・・・

と、思案してたら最狂アングラー登場。 これにシープくんが合流して、バウをレインボーに向けた。


前回・今回と魚体確保の時はスピニングを使う様にしてる。 一応、『遊びじゃナイから』とゆータテマエなんだが、実際はベイトだと上記最狂氏の対応が冷たいからだ。(;^^A

Pに着き、恐竜さんとヒバゴンがモタついてる間にミヨシの奪取に成功。 得意のTWRで反応を探るが、アタリは愚かチェイスすら無い。 後ろからキャプテン最狂氏が、


『朝見たら、魚がゴッソリいたよ、1000~1500位』


ええ、この期に及んでエライプレッシャー掛けて来よります・・・

案の定プレッシャーに負けて糸がワッサ~ってなったんで、半笑いで後ろへ。 助かったなんて、口が裂けても言えません(笑)

糸絡みを直して、ポジションを確認するとコチラも案の定、恐竜さんがバウを独占中。脇でシープくんとヒバさんがウロチョロ中。

僕は、エノさんの後ろで際をギリで通しながら、慣れないスピニングでトイッチ中・・・『モソっ』ってなったんで、反射的にアワせる→重いだけで素直に寄ってくる→不審に思ってライト・オン→魚のスイッチもオン。

外掛かりしてるせいかエラ洗いはしないものの、突っ込む。 幾度目かの突っ込みを凌いで船に備え付けの虫取り網でランディング。 

07_10_24 07_10_24_2 60位だと思ってたんだが、71cm。 ピンボケなのは、エノさんが急がせたせいだ(苦笑)

これに皆さん火が着いた様で、目に付くトコをガンガン投げる、ガンガン巻く。 ソレこそ、ミヨシとトモが三社祭りする位に。

因みに僕が1回、ヒバくんが数回恐竜さんの餌食になりました。 凸( ̄口 ̄;)

結局、その後ブーツで1本・シープくんが2本・ヒバくん1本で時間となりました。 


えっ!? 恐竜くんですか? 釣れる訳ないじゃナイですかアナタ。


ふふふ。


後で撮り直した貴重な2枚

008_3 010_2 ふふふふ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



で、続きましてぇ~昨日。

相変わらず48h勤務の初日。 ソペから連絡が。『イイとこ見っけたんで、是非』っつー事で、勤務明けを待って貰って待ち合わせ。 特に時間を指定してた訳じゃなかったんだが、来てもイイ頃なのに来やがらねぃ。 そーいや昼寝してなかったんで、眠くなって来た(汗) 帰りたくなって来た頃、ソペ登場。 挨拶もソコソコに、迷路の様な京浜運河を右へ左へ。

Pには、餌師を含め先行者だらけ・・・平日ですよ?皆さん。(←1番人の事言えない) 

でも、見てて自分と被る様なトコにルワーを引いてない。 ま、特殊だからね。僕の場合(笑)

先行者も多いって事で、様子見でしかルワーを撃ち込まないで先行者を観察。 ・・・誰も釣れてねぃ。 その内、明暗を撃ってた人がセイゴをゲット。 何故か僕達の方に寄って来て見せびらかす。 どうやら初心者の様で嬉しいらしい。 イヤ、分かるけどね、嬉しいのは。 でも、この時期そのサイズであんたがモンドリウッタら、コッチが恥ずかしいから。 どんな顔してイイのか判らなくなるから。

そのアングラー(?)にヒント(??)を貰って、空いてる奥へと歩を進める。 交差点じゃない、合流。 地形が朧げ乍見えて来る。 ブレイクを斜に切る様にTWRを引いてくると、ゴンって来た 07_10_31_6 07_10_31_7 56cm。久し振りのフッコサイズ。イイ感じだ。良く見ると、オイシソウなシャローを発見。ココで56ならアソコ じ60upだな。 と考え、期待に胸膨らむ1投目。

丁度、角を通過したその刹那。 ルワーの後ろがモワン→ゴン→ギュイーン→ギリギリ(←フロロの糸鳴り)で、ファイト開始。 シャローから離す事無くズリ上げ成功。 コレ。

07_10_31_12 07_10_31_13 同じルワーが付いてるんで、比較し易いと思うが、60upどころか71cm。

やったよ! ポク!!

住み着いてるキャットさんの群れが、横取りを狙ってたんだが、ソペが何かを叫び乍散らしてくれた…∑(; ̄口 ̄∥)

更に進んだんだが、反応も異常も見当たらないんで、引き返す。 で、唐突にさっきは撃ってないブレイクだ。と思い、柊(改)鰯を撃ち込む。 ガツン→モワン→ギュイーン→ギリギリ→フっ・・・ ヌオォォ~! ハズレやがった!!凸( ̄口 ̄メ)

さっきの71cmより確実にデカかったっス。 ○∥ ̄|_

何故なら竿と手首をノサレたから・・・ 針か?ルワーか?オレか?・・・ 前も3連発でバラしてるんだよこの鰯・・・ ▽ ̄♯) 今後は考えよ。 


で、お互いそろそろタイムアップと云う事で、解散。 





湾奥最狂便

竿 : ラパラ赤肉棒4P

リール : アブ・エメラルド何とか

糸 : どっかのトラウトナイロン8lb+デュエル船ハリス16lb

実弾 : TWR・ブーツ90・SPR・SSR5(改)・X-ラップ8(SP)・TD5・CDSR5



京浜運河

竿 : オリデスF3-610X 飛燕

リール : アブモラムSW3600

糸 : サンラインベーシック8lb+デュエル船ハリス5号&8号

実弾 : TWR・SSR5(改)・SPR・80PD・ロッパチ・80TD・柊(改)・犬S

| | コメント (6)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »